So-net無料ブログ作成

職場復帰と謝罪を得ることができました

KC380184.jpgたくさんのみなさんの応援と、教育に対する思いの強さのおかげで、先日6月18日、教育委員会にて、話し合いを持つことができました。

そして、先日の交渉の続きとして、私の職場復帰が約束され、この問題についての謝罪を得ることができました。遠くから近くから、大きな力をくださったみなさんに心からお礼申し上げます。

職場復帰の時期は、これから打ち合わせをして決めていくことになります。
謝罪は、心のこもったもので、私自身も、教委との敵対関係を避けることができたことが一番の喜びです。

ただまだまだ問題はあり、この問題が私個人の雇用の問題、すなわち私的なものではなく、公的な大きな問題であるということを、これからも強く伝えていく必要があるようにおもっています。

また、私の雇用問題の現況となった管理職の問題については、これからいよいよ本腰を入れていくことになります。管理職の問題は、教育行政システムの問題であり、その問題点と膿を出さない限り、また同じような問題が起こるのは目に見えています。

何か問題が起きると、必ず子ども達にしわよせがいってしまう教育問題(特にハンディのある子どもたちの問題)は、私のライフワークであり、時間のかかることではありますが、たくさんの応援と仲間に出会えたこと、ちいさな力が集まることで、大きな問題を変えていくことができることを実感できたことは、大きな励みになりました。

たくさんのみなさん、ありがとうございました。
そしてこれからも、智恵と力をお貸し願えればとおもいます。

また子ども達と過ごす時間が戻ってくる、この喜びを感謝の気持ちのことばとしてお伝えいたします。
本当にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


山田未来穂

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。